劉衛流の由来

劉龍公の中国拳法と中国兵法の正統を継承する古法の総合武道が、劉衛流空手道・古武道です。
大清の宣宗皇帝の道光年間に那覇市久米村の仲井間筑登親雲上憲里によって仲井間家に伝来しました。
始祖・劉龍公の「劉」と2代目・憲里の唐手名である衛 克達の「衛」をとって「劉衛流」としました。一子相伝であった劉衛流でしたが、4代目 憲孝に特別に入門を許されたのが、世界チャンピオンの佐久本嗣男先生です。

仲井間筑登親雲上憲里について

憲里は、中国系の子孫の居住地であった久米村(現在の那覇市久米町)人士の嗜みとして幼少の頃から修文錬武の道を歩み、1839年弱冠19歳で福州に留学、かつての冊封使の護衛武官某の紹介で、劉龍公に入門しました。
武芸はもちろんのこと、「武将」育成のための軍学から占星学といった教育を受け朝鍛夕鍛の功を積みました。
6年間の修養を経て、25歳で法伝の印可を許され、"武備志""評論志""養生法""刻付""拳勇心法"等の伝書を授けられました。
その後、約一年間、武者修行を兼ねて見聞を広めるべく福建、廣東地方から北京地方まで巡遊、各種の古武器も収集し26歳で帰琉しました。

帰琉後の憲里について

時は、1860年代、幕末を迎えようとしており、清国から武芸を学んできたことを口外できず、また、中国武術は秘密主義が強いため、軽々しく弟子をとったり、流派を名乗ることも禁じられていました。

憲里の遺した家訓

「武力は心の支え、身を守り、みだりに発動すべきものでもなく、軽々しく伝人に伝授してよいものでもない。門外不出、一子祖伝にせよ」
以来百数十年、仲井間家は劉龍公を尊祟し、憲里の残した家訓をかたくなに守り続けてきました。

劉衛流の内容

○ 拳法(無手の法)(今日の空手道)
(1)サンチン・セーサン  (2)ニセーシー
(3)サンセール       (4)セーユンチン
(5)オーハン        (6)パーチュー
(7)アーナン        (8)パイクー
(9)ヘイクー        (10)パイポー

○ 兵法(兵器の法・・・・中国古武道)
 (1)長器  @棍法(クボー、カーティン、ルールー、尺杖)
        A槍 B眉尖刀 C鏈(大・小)、ウェーク(櫂)D刀法 E仁鎌、Fティー吹
 (2)短器  @釵(一の段・二の段)劉衛流の釵は、両端の短い部分が一般的は反っているのに対して
          真っ直ぐになっている等の特徴があります。

        A二丁鎌:普通の二丁鎌は等しい大きさですが、劉衛流の仁鎌は、
          どちらか一方の鎌が大きい等の特徴があります。

        B団牌(ティンベー):本来、牛・馬の皮を使うものですが、四代・憲孝が使っていたものは、
          茅を鍋の蓋のように巻いたものを愛用していました。
         これは、軽くまた衝撃も吸収する作用があったそうです。
        C守鎮(大、小)、D蛇縄

○ 養成法

○ 拳勇心法、其の他(忍法的な行動)
  段の物(今日は形と読んでいる)

○ 文献(武備誌、評論誌、刻付、兵法、暦学、占星学、その他)

劉衛流の特徴

○ 技は湧き出る泉のごとく、淀むことなく変化させていく
  相手に一呼吸をつかせず、徹底的に相手を攻め続けます。
 

○ 相打ちの先
  「相打ちの先」とは防御と攻撃が必ず一緒になっていることです。
  劉衛流の技法や形の中に顕著に現れています。


○ 一足二拳
  徹底的に攻めることを身上としているために「一足二拳」という考え方があります。
  一歩踏み込む間に、二本突きます。


○ 一眼二足三胆四力
  一番大切なのは目付(間合いをとり、人を射貫くような鋭い目)
  二番目に大事なのは、立ち方・足の運び等の運足法です。
  三番目に大事なのは、胆力(勇気や決断力)
  最後に、力


○ 技の意に即して、それぞれ呼吸法も変化する
  呼吸法と技の極めには相関関係があり、劉衛流には多くの呼吸法が有ります。
  @ゆっくり吸って、早く吐く。
  Aゆっくり吸って、ゆっくり吐く。
  B早く吸って、ゆっくり吐く。
  C早く吸って、早く吐く。
  Dゆっくり吸って、連続して吐く。
  E息を切りながら連続して吸い、1回で吐く。

劉衛流の鍛錬法

○ 砂の床
  当初の劉衛流の練習は、四代・仲井間 憲孝の庭で行われていました。
  庭には、海岸から持ってきた砂が敷き詰められ、足場の悪い状態でも戦うことが出来るように鍛錬しました。
  また、砂の上での稽古は、足腰の鍛錬にも非常に効果的でした。
 
○ 丸太の上での鍛錬
  庭には、丸太を横たえ、この上で練習することにより、平衡感覚や目付けを養いました。
  サイ等の古武道についても、丸太の上で練習を行いました。


○ 巻き藁

  巻き藁では手首の強化を目的に、呼吸法と技のタイミング、スナップを効かせた技の極めを練習しました。
  また、藁の芯には血止めの効能があるそうです。

「劉衛流」伝承の流れ

始祖 劉龍公(道光年間)
清朝武官養成所首席師範


写真 2代 仲井間 憲里(1819/12/11〜1879/3/14)唐名:衛 克達
中国から”劉の技”を持ち帰った人物。那覇市久米村に生まれ、出自が正しく、裕福な家庭に育ちました。武術だけではなく文才にも優れ、漢語だけでなく、宣教師・ベッテルハイムから英語を学ぶなど、語学に長けていました。 武術にのめり込み、財産をすべて使ってしまった豪快な一面を持っていました。身長は180センチを超え、胆力を持った人物でした。


写真 3代 仲井間 憲忠(1856/8/10〜1953/9/20)唐名:衛 武仁
体格は160センチにも満たなかったが、鉄筋に動物の皮を巻いたような骨格で、胆力も凄まじく、性格も激しかったといいます。 ある時、ハブに噛まれた応急処置として、鎌でその部分を切り取り、一命を取り止めたというエピソードを持ちます。 また、若い頃、津嘉山の鎌の名手(チカザン・イラナグヮーの異名を持つ)から挑戦を受けた憲忠は、棒に薄い鉄板を巻き、勝負に挑んだ等、30歳までは血気盛んな一面がありました。


写真 4代 仲井間 憲孝(1911/12/23〜1989/9/21)唐名:衛 芳徳
幼少の頃から、父より劉衛流の技を厳しくしこまれ、37歳で皆伝を許されます。

沖縄県師範学校在学中、剣道を学び始め、教士7段となります。 「武道家と言うものは、まず人であることから始めよ」が口癖であり、礼を尽くすこと、人としてあるべき姿を説いていました。 60歳にして一子相伝門外不出の空手・古武道を公開にふみきりました。

写真 5代 仲井間 憲児(1934/5/4)
5代継承者として道統の形の保存に務め、琉球大学を退官。自らも居合道7段教士・杖道5段。


沖縄劉衛流龍鳳会2008 演武会パンフレットより
参考文献:2002年月刊「空手道」1月号別冊空手道大全